ビューティー一重&奥二重に合う正しいメイクテクニックって?

メイクの見本と言えば、パッチリ二重のモデルがメイン。しかし、雑誌『LDK』から生まれた姉妹誌でコスメ誌の『LDK the Beauty』が読者に目の形についてアンケートをとったところ、約半数が奥二重&一重、または左右の形が異なるとの回答でした。

※LDK the Beauty webアンケートより

さらに、「アイメイクで一番悩むアイテムは?」というアンケートでは、なんと約7割の人がアイシャドウとアイライナーについて悩んでいるということが判明しました。

ということで、『LDK the Beauty』ではプロに取材や検証を実施! 一重・奥二重メイクをお悩みや願望別にお答えしていきます。

今回は、「まぶたが重すぎてアイシャドウが見えない問題」を解決するメイクテクニックとアイテムのご紹介です。

ビューティー敬遠しがちなマットシャドウが実は重た目の救世主!

テクニックいらずで失敗しても目立たないという理由で、ラメを全面に使いがち。でも、ギラギラのラメで重いまぶたがよけい、際立ってしまう。そんなこと、ありませんか。

そんな、まぶたが重めさんには、実は、“ラメ”シャドウよりも、“マット”シャドウがおすすめなんです。マットをメインに使ってポイントでラメを足すほうがやさしく見えてオススメです。塗るときはブラシでのせるとつけすぎ防止になります。

ビューティー重た目さん向けアイシャドウの塗り方3ステップ

まぶたがガッツリ被さってキツく見えがちな重た目さん。アイシャドウが見えないというお悩みを解決するアイシャドウの塗り方を3ステップでご紹介します。

▼STEP1:アイホールにベージュ系シャドウを入れる

指かブラシでアイホールにベージュ系のアイシャドウをふわっとのせてベースをつくります。

▼STEP2:ベースより濃いオレンジをキワに入れる

目を開けた時に見えるくらいの幅に濃いオレンジを入れて指かブラシでぼかします。アイラインは目尻のみでOKです。

▼STEP3:オレンジがチラ見えしてやさしげな印象に

下まつげの目尻から黒目下にも濃いオレンジを細く入れ、涙袋にラメを入れましょう。

植木祐里加 氏
メイクアップアーティスト
植木祐里加 氏 のコメント

時々目を開けながら塗る幅を調整するのがコツ

こんなマットカラーがオススメ!

エクセル
アイプランナー
カラー/ナツメグ
実勢価格:990円

エクセル
アイプランナー
カラー/チリペッパー
実勢価格:990円

以上、「まぶたが重すぎてアイシャドウが見えない問題」を解決するメイクテクニックとアイテムでした。

ちなみに、「今日の私、いい感じ」と思える一重・奥二重メイクの特集を掲載した『LDK the Beauty』の最新号(2021年1月号)はこちらで読めます。

ビューティー『LDK the Beauty』2021年1月号

『LDK the Beauty』
2021年1月号

ぜひ、参考にしてみてくださいね!