家電新製品からイマがわかる!家電新品FLASH

次々と発表される最新家電。数え切れないほどある各メーカーのニュースリリースから、雑誌『家電批評』がセレクトし、全4回の連載形式で紹介します。

「新製品からイマがわかる!」第4回目の今回は、空間認識技術レーザーSLAM搭載のロボット掃除機や、5G対応のゲーミングスマホなど注目の8製品です。

家電レーザーSLAM搭載のパナのロボット掃除機

パナソニック
RULO MC-RSF700
実勢価格:10万3000円

パナソニック「RULO MC-RSF700」は、掃除状況をリアルタイムで確認できる空間認識技術「レーザーSLAM」搭載のロボット掃除機。360度全方位の間取りと自己位置を素早く正確に認識します。

掃除中の走行軌跡を専用アプリ「RULOナビ」からリアルタイムでスマホに表示。また、人の足の動きを感知して追跡する「otomo」機能を使用すれば、任意の場所だけを掃除することも可能です。

家電換気機能搭載のダイキン「うるさらXRシリーズ」

ダイキン
うるさらX Rシリーズ(AN56YRP-W)
実勢価格:34万9790円

ダイキン「うるさらXRシリーズ(AN56YRP-W)」は空気の質にこだわったエアコンです。リモコンにはボタンを押すだけで冷暖房+換気運転ができる「換気ボタン」を搭載。また 専用アプリ「Daikin Smart APP」にも換気ボタンを搭載し、外出先やほかの部屋からでも換気運転が行えます。

2021年夏には本体の換気運転と「うるるとさらら空気清浄機」を連動させるスマホアプリ機能の提供も予定しています。

家電スポット暖めもできるユアサ「YB-SS1201BM」

ユアサプライムス
YB-SS1201BM
実勢価格:6480円

ユアサプライムス「YB-SS1201BM」は、ワイド暖めと集中スポット暖めの2通りの暖め方ができる人感セラミックヒーターです。

通常使用時は広範囲に強1200Wと弱700Wの温風を拡散。トイレやキッチン、食卓の足元など、一部をピンポイントで暖めたいときは付属のアタッチメントノズルを付けて使用します。

家電全自動コーヒーマシンのデロンギ「ECAM35055B」

デロンギ
ECAM35055B
実勢価格:16万2800円

コーヒーマシンのデロンギ「ECAM35055B」は、前面パネルのボタンを押すだけで、水や豆の最適量をメニューごとに自動で設定。豆を挽く作業からドリップまでの一連の工程を自動で行ってくれます。

多彩なコーヒーメニューに加え、キメの細かい泡立ちのミルクが作れる「ラテクレマシステム」も搭載。ブラックを基調としたモダンかつシンプルなデザインです。

家電5G対応のASUSゲーミングスマホ

ASUS
ROG Phone 3
実勢価格:14万2780円

ROG Phoneの5G対応モデルとなるゲーミングスマホ、ASUS「ROG Phone 3」。最新のQualcomm Snapdragon 865 Plusを搭載し、144Hz/1ms対応の超高速ディスプレイを採用しています。

従来品のROG Phoneよりもさらに使い勝手が向上した超音波タッチセンサーAirTrigger 3をはじめ、6000mAhの超大容量バッテリーやデュアルフロントスピーカーなど機能性が大きく向上。妥協のないスペックでゲーマーニーズに応えます。

家電子どもの見守りに Hamee「Hamic POCKET」

Hamee
Hamic POCKET
実勢価格:1万6500円(本体)

Hamee「Hamic POCKET」は、子どもの様子を見守れる小学生向けモバイル端末。GPS機能を搭載し、子どもが離れた場所でどんなやり取りをしているのかを「Hamic」アプリを通じて見守ることができます。

データ通信容量1GB付きのベーシックプランは月額基本料金1100円(税込み)。カラーはピンク、ブルー、ホワイトの3種類です。

家電マグネットで簡単装着!「GH-SHA-BK」

グリーンハウス
GH-SHA-BK
実勢価格:980円

グリーンハウス「GH-SHA-BK」は、ノートパソコンのベゼル部分ににスマホをくっつけられるホルダーです。スマートフォン側に付属のプレートシールを貼り付け、ホルダーのマグネットと接着させることで使用できます。

プレートシールは2枚付属なので、スマホの2台持ちにも対応。ベゼルの厚さが4~10mmのノートパソコンなら装着可能です。

家電タブレットを自由に設置できるアームスタンド

サンコー
SSPTSASB
実勢価格:3980円

サンコー「SSPTSASB」は、タブレットやモバイルディスプレイを自由に配置できるスプリングアームスタンドです。土台があるので置くだけで設置完了。15インチ程度のモバイルディスプレイを固定することもでき、ノートパソコンのサブモニターも場所を取りません。

モニターの位置は片手で簡単に調整可能。タブレット用とスマートフォン用2種類のホルダーが付いています。

以上、「新製品からイマがわかる!」家電新品FLASH 2020年12月号編(その4)でした。

▼第1回目の記事はコチラ!

▼第2回目の記事はコチラ!

▼第3回目の記事はコチラ!

ぜひ参考にしてみてください!