スマートフォン格安スマホのギモンにプロがぶっちゃけアンサー!

毎月の携帯代を安く抑えることができる「格安スマホ」。普及が広がり気になっているものの、「結局高くなりそう」「手続きが面倒くさそう」なんて疑問を持って躊躇している人も多いのでは?

そんな「実際どうなの?」を解消すべく、格安スマホのプロにさまざまなギモンを聞いてみました! 詳しく教えてくれたプロの答えを、3回にわたってお届けします。

第1回目では、乗り換えたときの料金のシミュレーションや、初期費用、手続きの方法などをお話しました。

第2回目の今回は、通信速度やデータ量、通話料金など、より深堀りした内容をQ&A形式でご紹介していきます!

スマートフォンQ. 格安プランは通信速度が遅いのでは?

A. 気にならないほどデータ通信速度は速くなっています。

キャリアのサブブランドのワイモバイルとUQモバイルはキャリアから借りる回線が他の格安スマホより多く、比較的通信速度が安定しています。

松村武宏 氏
格安スマホジャーナリスト
松村武宏 氏 のコメント

サブブランドは1日中安定しています。

サブブランド以外は同時に多くの人が使うと通信速度が遅くなることもありますが、混み合う朝夕や夜でも、家のネットに繋いでいる人なら問題ないでしょう。

スマートフォンQ. 格安スマホは大量ギガプランを扱ってないよね?

A. あるけれど10GB以下のプランが多くて人気。

基本的に格安スマホはデータ量の少ないプランが主流なので、外でテザリングをするなど、毎月大量にギガを使いたいならキャリアのほうがお得な可能性が。

格安スマホであれば、イオンがお得です。

まずは一度、自分が毎月使っているギガ数やよく使うアプリを見直してみてください。

▼日本通信

▼BIGLOBE

▼イオンモバイル

スマートフォンQ. 格安スマホだと通話料が高くつく?

A. 20円/30秒は一緒。使い方に応じてオプションを。

LINE電話を使っていてほとんど通話しない人なら通話オプションも不要。通話料無料が基本プランに含まれていることもあります。ちなみに2020年7月に発売開始した日本通信のプランは通話料がかかりません。

▼ワイモバイル

▼UQモバイル

また、楽天でんわならアプリ経由で電話をかけると30秒20円が10円に。

通話オプションをつけるまでもない人はこちらがおすすめです。

スマートフォンQ. 最新機種は使えないよね?

A. むしろ安く持てます!

SIMだけを扱う会社もありますが、SIM+本体も購入できることがほとんど。最新機種を扱う会社もあるので、欲しい機種の取り扱いがあるかどうかも、乗り換え先選びのポイントです。

スマートフォンQ. 家族割を抜けたら家族に負担がかかるんじゃない?

A. 3人のうち1人抜けても割引額は変わりません。

3人から1人抜けても割引額は変わらないことが多く、家族に迷惑はかかりません。1人だけ格安スマホにしても負担が増えるどころかグッと安くなります。ただし、キャリアによって2人、3人、4人以上と割引額が変わるので要確認。

スマートフォンQ. 今はもうキャリアの解約手数料ってかからないんでしょ?

A. 今入っているプランによりけり。

旧プランに入っている場合、更新月を迎える前に解約すると9500円の手数料がかかる場合があります。今の契約内容をよく確認してみてください。

スマートフォンQ. 格安スマホって端末補償サービスないよね?

A. ありますよ!

端末補償のオプションが500~600円程度であります。キャリアで購入したスマホでも大丈夫ですが、乗り換え時にしか入れないので注意しましょう。

スマートフォンQ. キッズケータイが使えなくなっちゃう!

A. 格安スマホにしたほうがお得。

キャリアでキッズケータイだけ契約するのは実質不可。高学年からは見守りサービスやアプリを活用して格安スマホにするのがオススメです。

以上、格安スマホのギモン第2回目をお届けしました。

第3回目では、プロオススメのブランドや、プランの選び方などをご紹介します。ぜひ、楽しみにしていてくださいね!