ビューティーマスク時代にアップデートしたいメイク直しの新定番をご紹介!

マスクをしていると、こすれたりムレたりしてメイクは崩れっぱなしですよね。「ヨレ、テカり、前髪ペタ……これまでどおりのメイク直しじゃ追いつかない!」なんて人も多いのではないでしょうか?

そこで、プロにこのマスク時代に見直したい最強のコスメ&お直し術を教えてもらいました。今回はその中から「メイク直しのテクニック&アイテム5選」をご紹介します。

ビューティーパウダーでのお直しにはミニブラシは必携アイテム

パフもアリですが、ヨレやテカリをより自然にカバーしてくれるのは「パウダー×ブラシ」の組み合わせ! 毛穴レス肌を後押しする激推しアイテムです。まだの人は今こそブラシデビューをおすすめします。

ロージーローザ
エンジェリッチブラシ
スライドチーク
実勢価格:968円

丸みのある毛先がフィットしやすいのがポイント。キャップ付きで携帯にも便利です。

厚塗りにならないために、おでこ、小鼻、頬などパーツごとにブラシの使い方を変えてみましょう。粉浮きを防げ「お直ししました感」もゼロになります!

ビューティー皮脂や汗でテッカテカな崩れは「お直しシート」でスッキリ!

ビオレ
メイクの上から
リフレッシュシート
無香料
内容量:12枚入
購入価格:244円

※Amazonはあわせ買い対象商品の販売ページです
※Amazon、楽天は28枚入り商品の販売ページです

皮脂や汗でベースメイクが大きく崩れたら、お直しシートでオフしましょう。

ビオレ「メイクの上からリフレッシュシート」は大判ですが1枚で済ませずケチらず使ったほうが崩れをしっかりを吸着できますよ。

手順はこちらです。メイクが崩壊しやすいTゾーンからシートを使うと、余分な皮脂が一掃できます。乾燥ゾーンは最後にやさしく行いましょう。

小鼻のキワは、シートを折ってくぼみにフィットさせると、皮脂を吸着させやすいです。

ビューティーヨレヨレの下まぶたシャドウは「綿棒+乳液」で消す!

これまでは崩れにくかった目元も、マスクの蒸気で崩れやすいゾーンの仲間入り! シャドウヨレは応急処置より、一旦リセットしてからお直ししましょう。

▼ステップ1:綿棒に乳液をつけやさしく落とす

乳液の油分をのせることで摩擦を防ぎ、軽い力でも汚れはスルスル落ちます。決して強くこすらないようにしてください。

▼ステップ2:乳液の油分をティッシュで拭き取る

油分が残ったままではメイクヨレの原因になります。軽くおさえて油分を落としベタつきが取れてからシャドウをのせましょう。

NANA 氏
ヘア&メイクアップアーティスト
NANA 氏 のコメント

マスクのムレで目元は崩れやすくなっています。

ビューティーマスカラ崩れに「重ねづけ」はやっちゃダメ!

マスクの蒸気でまつげのカールが下がると、ついつい手を加えたくなりますが、そこはグッとこらえて! マスカラでごまかそうとすると、ただただ太く暑苦しい目元になっちゃいます。

マスク生活でアイメイクにこだわる人が急増。そこで気をつけたいのが、マスカラのお直しです。朝のパーフェクトなまつげ再現を求めると、逆にNGメイクに! マスカラは直さないのが鉄則です!

ビューティー汗でぺったりした前髪は「ドライシャンプー」で元どおりに!

サボリーノ
髪を洗いまスプレー
容量:100g
購入価格:1320円

ダラダラ汗で前髪が下がってきたら、ドライシャンプーの出番です!

サボリーノ「髪を洗いまスプレー」は、消臭力が高く皮脂のニオイが取れるから、超スッキリし前髪もサラサラになります。一石二鳥のアイテムです。

頭皮になじませたら揉み込んで、ブラシでとかすだけ。水もタオルも不要なので超便利です。

KIWA 氏
ヘアメイク
KIWA 氏 のコメント

髪にツヤとボリュームが出ます!

以上、マスク時代の新定番「メイク直しテクニック」をご紹介しました。マスクをしていると意外なところも崩れているかも……。ぜひチェックしてみてくださいね!

ちなみに、「withマスク時代のメイク悩み解決します!」特集を掲載している『LDK tne Beauty』2020年10月号はこちらで読むことができます。

ビューティー『LDK tne Beauty』2020年10月号

『LDK tne Beauty』
2020年10月号

ぜひ、記事を参考にしてみてください!