格安SIMの新常識!“格安SIMが遅い”はもう古い?

固定費のなかでも毎月の大きな出費となるのが「スマホ代」。実は、各社で回線や料金プランの値下げが始まっていて、節約しやすい時代が到来しているとか? さらに、デメリットも多かった格安SIMに“新顔”が登場したことにより状況が激変しているんです。

ということで今回、雑誌『MONOQLO』が、格安SIMはどう変わったのか、最も安くて速い会社はどこなのかなどを調査! その結果を、前編・後編の2回にわたってお届けしていきます。

前編では、格安SIMや3大キャリアの状況がどう変化しているのかをお伝えしました。

▼前編の記事はこちら

今回、後編では「最も安くて最も速い会社」を見つけるため比較テストを行った検証結果をご紹介します。

“速い&安い&使いやすい”はどれ?格安SIM4社を比較

格安SIMの通信速度って未だに遅いの? 通話無料は5分までとかの時間制限ってどうにかならない? など格安SIMへの不安はいまだに存在します。

そこで、最新の格安SIMをチェックしてみることに! 速度や料金プランの面で話題の、初登場SIM「日本通信SIM」、キャリア初参入「楽天モバイル」、かけ放題元祖「Y! mobile」、そして過去ベストの「UQモバイル」を比較しました。

それぞれ、「使い勝手」「料金」「速度」の3項目をテストし、評価が高かった順にランキング化しています。

それでは、結果をご覧ください!

※速度のテスト方法:「Google Pixel 4」を使い、平日・住宅地・「5G MARK」アプリで、30分おきに通信速度を複数回計測しました

速さ・安さ文句なしの凄さ!「Y! mobile」

ソフトバンク
Y! mobile

※リンクはSIMカード購入ページに移動します

▼検証結果
速度  :◎
料金  :◎
使い勝手:◎

※( )外は半年までの割引価格、( )内は半年後の価格を表示

見事1位となったのは、ソフトバンク「Y! mobile」でした。

速度テストでは、親会社以上の速度をマークし、時間帯を問わず爆速。さらに、契約後6カ月は電話かけ放題で月3~6千円! ラクに電話できて、しかもプランはかなり安いんです。

ベストな理由1:速度

3大キャリアの通信速度を超える時間帯が多かった唯一の格安SIMはなんと「Y! mobile」。

ソフトバンクのサブブランドなのでソフトバンク回線以下の速度になるかと思いきや、なんと全ての時間帯で高成績を叩き出し、ソフトバンクの速度までも超えていたのには驚き! 昼・夜は若干遅かったが、十分なスピードは圧巻です!

ベストな理由2:通信料金

「Y! mobile」のスーパーだれとでも定額オプションは他社との通話も含めアプリを介さず全て無料になって超便利。さらに半年割引があるうえ、7カ月以降の価格でも他社より安いです。特に10&14GBプランは安いのでかなりオススメ!

1GBごとの料金プランが面白い「日本通信SIM」

日本通信SIM
合理的かけほプラン

▼検証結果
速度  :○+
料金  :◎
使い勝手:◎


2位となった日本通信SIM「合理的かけほプラン」は唯一かけ放題が0円。なのに基本料金も高くありません。使った分だけ払う仕組みです。昼間に使うことが多いならこっちもオススメ。

今は都市中心だけど今後は拡大予定の「楽天UN-LIMIT」

楽天モバイル
楽天UN-LIMIT

▼検証結果
速度  :○
料金  :◎
使い勝手:△


楽天モバイル「楽天UN-LIMIT」は、何より1年間無料キャンペーンがすごい(入会300万人まで)。楽天モバイル同士の電話は無料ですが、それ以外はアプリ経由なのが若干惜しいポイントです。

10GBプランはかなり破格の設定!「UQモバイル」

UQコミュニケーションズ
UQモバイル

※リンクはオンラインショップに移動します

▼検証結果
速度  :○
料金  :◎
使い勝手:◎


前回ベストバイとなったUQコミュニケーションズ「UQモバイル」は、今回は優秀なSIMが多く3位でしたが、格安SIMでは十分に速いです。店舗も多く、説明書が付属していて初心者も安心して契約できます。

格安SIMのデメリットなし!10~20GB利用ならYモバ一択

以上、最新の格安SIM4社の検証結果でした。

まず24時間の速度テストでは、いずれの格安SIMも3大キャリアに勝るとも劣らぬ速度を叩き出したことは注目です。

特に「Y! mobile」はどの時間帯も素晴らしい通信速度でお見事。ソフトバンクのサブブランドとしてかなり本気を感じます。また、料金プランは20GB以下なら格安SIM、30GB以上ならキャリアが優勢でGB数で選ぶべきという結果に。

結論としては速度も料金も、どちらも文句なしで素晴らしかったのが「Y! mobile」。これで早速、毎月のスマホ代を節約することをオススメします!

「お金の裏技新常識」を特集した『MONOQLO』2020年10月号はこちらでも読めます!

『MONOQLO』2020年10月号

MONOQLO
2020年10月号

ぜひ記事を参考にしてみてくださいね!