見えないムダ出費をへらせばラクに節約が叶います!

見えないムダ出費をへらせばラクに節約が叶います!

外出機会が減ったにもかかわらず、前より出費が増えているというご家庭ありませんか? 欲しいモノをガマンして節約しているつもりなのに、なぜか貯金は増えていないことも……。

今回はケチらずに貯まる「節約家計術」のご紹介。毎日の生活の中に隠れていて気づきにくい“ムダ出費”をへらすことで、じつはラクに節約できちゃいます。

マネするだけでOKなので今日からさっそく始めましょう。

食材の買い方を変えて食費を抑える!

食材の買い方を変えて食費を抑える!

今回見直すのは「食費」です。「もしかして使うかも」「足りないと困るから」と余計なものを買ってしまったり、量が多すぎたりして、ムダになることありませんか。

そんな日々のムダを解決するために、2つの方法を提案します。

節約ポイント1:スーパーは肉・魚売り場から見る

スーパーの入口はまず野菜売り場ということが多いですが、安いからと考えなしにカゴに入れていってしまうと、使い切れず買いすぎの原因になります。

そこで、野菜売り場はスルーして、お肉・お魚売り場に直行。お買い得商品からメインの食材を決め、そのあとで必要な野菜を買えば、余分な食材を買わずに済みます。

和田由貴 氏
節約アドバイザー
和田由貴 氏 のコメント

まずは肉コーナーへ行って献立を考えましょう。安くなっている食材でメインを考えれば食費が浮きます。

ステップ1:野菜売り場は見ず、肉売り場に直行
なんとなく入ってすぐの野菜コーナーから回りがちだけど、そこは通過してまずは肉コーナーへ。

ステップ2:特売お肉(お魚)から献立を考えてみる
その日に安くなっているお肉から、献立を決める。思い浮かばないときは、レシピサイトや献立アプリを使うと便利。

ステップ3:献立に必要な野菜を選ぶ
レシピに必要だけど価格が高いというときは、少量のカット野菜や冷凍食品を活用するのもおすすめです。

節約ポイント1:スーパーは肉・魚売り場から見る
節約ポイント1:スーパーは肉・魚売り場から見る

節約ポイント2:献立アプリを使って余計な出費を減らす

節約ポイント2:献立アプリを使って余計な出費を減らす

食材の買い過ぎを防ぐには、献立アプリもオススメです。

食材を多めに買ってしまうのは、献立がはっきり決まっていないのに買い物をしてしまうから。アプリでさっと献立を決めておけば、余分に買っておく必要もなくなります。

「献立アプリ」を使うメリット

・時短になる
アプリに沿って入力・検索するだけでメニューを提案してくれます。「今日はなに作ろう」から解放されます。

・栄養バランスが整う
管理栄養士などプロが監修しているアプリが多いため、主催・副菜トータルで健康的な食事が取れるようアドバイスがもらえます。アレルギーや苦手な食材も考慮してくれます。

・食材ロスがなくなり節約になる
冷蔵庫のストックが可視化されることで食材のムダがなくなり、結果的に食費の節約につながります。

今回は献立アプリ7製品を比較。「マンネリしなさ」「使いやすさ」「献立の使いやすさ」の3項目でチェックしたところプロおすすめはこちらでした!

4タッチで献立が決まる! dely「クラシル」

dely
クラシル

▼テスト結果
献立の立てやすさ:◎+
使いやすさ   :◎+
マンネリしなさ :◎+

4タッチで献立が決まる! dely「クラシル」

今回の検証した中で、圧倒的に見やすく使いやすかったのが、人気動画レシピサイト「クラシル」のアプリ。操作も簡単で、数秒で献立完成。写真が見やすいからイメージがわきやすいです。

1週間に必要な食材があらかじめわかるので食材のムダをカットできます。

ポイント1:4択だから選びやすい

自動で4つの候補レシピが出てくるから、パッと選びやすい。ほかのレシピにもボタン一つでラクに切り替えできます。

ポイント1:4択だから選びやすい

ポイント2:検索からも献立が作れる

もちろん使いたい食材からレシピを選ぶこともできます。冷蔵庫にある食材で検索して、主菜や副菜の献立も追加OK。オススメが自動で出てくるから選びやすいんです。

ポイント2:検索からも献立が作れる
桃世真弓 氏
スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏 のコメント

買うものが一目でわかれば余計な出費を防げます!

献立が立てやすいキッコーマン「今日の献立」

献立が立てやすいキッコーマン「今日の献立」

キッコーマン
今日の献立

▼テスト結果
献立の立てやすさ:◎+
使いやすさ   :◎
マンネリしなさ :◎+


キッコーマン「今日の献立」はチュートリアルつきで誰にでもわかりやすく、材料に合わせて献立を選んでくれるから使いやすいです!

アレルギー選択ができる me:new 「me:new」

アレルギー選択ができる me:new 「me:new」

me:new Co.,Ltd.
me:new

▼テスト結果
献立の立てやすさ:○
使いやすさ   :○
マンネリしなさ :○


me:new Co.,Ltd.「me:new」は、1週間分の献立をすぐに決められるから、あれこれ考えたくない人にはうってつけ。アレルギー選択ができる親切アプリです。

単品食材多めのGEEK WORKS「pecco」

単品食材多めのGEEK WORKS「pecco」

GEEK WORKS
pecco

▼テスト結果
献立の立てやすさ:△
使いやすさ   :○
マンネリしなさ :○


GEEK WORKS「pecco」は、家にある食材から献立を決められますが、単品食材の料理が多め。栄養士からのアドバイスをチェックできるところはグッドです。

健康志向なTANITA「タニタ社員食堂レシピ」

健康志向なTANITA「タニタ社員食堂レシピ」

TANITA HEALTH LINK,INC.
タニタ社員食堂レシピ

▼テスト結果
献立の立てやすさ:△
使いやすさ   :△
マンネリしなさ :○


TANITA HEALTH LINK,INC.「タニタ社員食堂レシピ」は、栄養バランスを考えつつカロリー制限もできるようになっているので、ダイエットや健康志向の人に向いています。

C評価: 1週間分は有料 every,inc「DELISH KITCHEN」

C評価: 1週間分は有料 every,inc「DELISH KITCHEN」

every,inc
DELISH KITCHEN

▼テスト結果
献立の立てやすさ:△
使いやすさ   :×
マンネリしなさ :○


every,inc「DELISH KITCHEN」は1週間分の献立を作るには有料会員になることが必要です。献立はやや立てにくい印象でした。

C評価: 節約にはいま一歩 Excite Japan「E・レシピ」

C評価: 節約にはいま一歩 Excite Japan「E・レシピ」

Excite Japan
E・レシピ

▼テスト結果
献立の立てやすさ:△
使いやすさ   :×
マンネリしなさ :△


Excite Japan「E・レシピ」は献立は自動で出てくるものの、選べないのが難点。手間がかかりそうな料理も多く、食費の節約や調理の時短にはいま一歩です。

買い物のギモン:週1と週3はどっちがオトク?

最後に、買い物の回数についてです。みなさんは食材の買い出しはどのくらいの頻度で行っていますか?

料理好きなら週1回のまとめ買い!

1週間分の献立をまとめて考えられるなら、週1回まとめて 買うほうが断然お得! 食材を使い回すことで、1回分の食費では予算オーバーな食材も使えます。

ただし献立づくりが苦手という人は2、3回に分けたほうがムダを減らせます。

和田由貴 氏
節約アドバイザー
和田由貴 氏 のコメント

献立を考えるのが得意な人は週1回のまとめ買いがオトク!

以上、献立アプリ7製品比較でした。毎日のメニューを考えるのはけっこう大変。時短にもなって食費も節約できる便利なアプリ、どうぞお試しください。

おすすめアイテム:疲れた日は電気調理鍋でほったらかし調理!

メニューを決めても、調理のフローを考えるだけでも疲れちゃう日ってありますよね。そんな時は、材料と調味料を入れたらあとはほったらかしで料理が完成しちゃう電気調理鍋が頼りになります。

簡単なだけでなく、お味も本格的。プロが太鼓判を押すのがこちらです。

操作が簡単な電気調理鍋「ヘルシオ ホットクック」

操作が簡単な電気調理鍋「ヘルシオ ホットクック」

シャープ
ヘルシオ ホットクック KN-HW24E
実勢価格:5万7800円

サイズ・重量:W395×D305×H249mm・約6.5㎏
定格消費電力:800W

シャープの「ホットクック」は操作がダントツにラクで、レシピを選んだら食材と調味料を入れてスタートするだけ! 本当にこれだけでおいしい料理が完成します。

操作手順がシンプル、美味しく出来上がる、扱いやすいといいことずくめ。高価格帯の商品ではありますが、間違いなしの1台です。

操作が簡単な電気調理鍋「ヘルシオ ホットクック」

レシピはクラウド経由でダウンロードできるうえ、スマホから予約・調理開始などの操作もでき、至れり尽くせりです。

以上、晩ごはんを考えてくれる献立アプリ7製品比較のご紹介でした。忙しい日を助けてくれて食費節約にもなる献立アプリ、ぜひ活用してみてくださいね。