メンズ失敗しない「大人の仕事道具」
しっかり厳選しました!

来月から新年度が始まります。「働き方改革」が叫ばれる昨今、これまでと同じ仕事のやり方を続けていては、取り残されてしまうかもしれません。こんなとき役立つのが、仕事へのモチベーションをアップさせる「ビジネスグッズ」。

忙しいときにパパッと身の回りを整えたり、仕事の効率を最大限にアップできる、サラリーマンの味方となるアイテムがたくさんあるんです!

そこで今回は、過去にサンロクマルがお届けしたビジネスグッズや、仕事に役立つ道具の中から、反響の大きかった記事を厳選。大放出いたします。新しい仕事道具で、「デキる人」を目指しちゃいましょう!

▼おすすめのビジネスグッズは、こちらで公開しています!

メンズ一日中履いても大丈夫な
疲れにくい靴選びのポイント

一日中外回りで歩き続けたり、長距離通勤で歩く時間が多いビジネスマンにとって、靴は最大の武器であり生命線でもあります。よって、靴選びは重大問題のひとつ。どんな靴を履くかで、その日の疲労度が変わってきます。

一日中履いても大丈夫な疲れにくい靴を選ぶには
●かかとのホールドが効いているかどうか
●甲から足指の付け根までがバランスよく締め付けられているか
●足の状態に合わせて微調整ができるか

といったポイントをチェックしてみましょう。

ポイント①:かかとのホールドが効いているかどうか

まず1つめのポイントは、かかとのホールドがしっかり効いているかどうか。このホールド感が薄いと歩行中にズレを感じてしまいます。フィッティングの際はかかとがずれないかどうかをチェックしましょう。

ポイント②:甲から指の付け根までの締め付け

歩行時に靴の中で足が動いたり、暴れたりすることで起こる「違和感」は、足の疲労の大きな原因となります。足の甲から指の付け根あたりを押してみて、ごくわずかに張りを感じるくらいの感覚がベスト。フィッティングの際には、実際に触って確認しましょう。

ポイント③:状態に合わせて微調整ができるか

足はその日その時のコンディションによって形が微妙に変わるので、履くたびに靴紐を締め直して、微調整をすることが望ましいといわれます。よって、靴紐で微調整できるかどうかも大切なポイントになります。

メンズ長時間歩いても疲れない
スニーカーみたいな革靴が欲しい!

ビジネスの現場では、革製でもスニーカーのように走り回れるほど軽量で、長時間歩いても疲れない。ほどよく足にフィットして、歩行時の足運びをサポートしてくれる。しかも、スーツスタイルに合う。そんな靴が理想ですよね。

そこで、1万5000円程度で買える代表的なメーカーの売れ筋を集めてテストしました。
テストしたのは、次の2項目です。

テスト①:フィット感
隙間なく足にフィットするか

かかとに指が入ってしまうのはまだ靴が大きいサイン。隙間なく足にフィットするものが理想です。それぞれしっかりと靴紐を締めて、触ってチェックしました。

テスト②:中敷きの形状
足のアーチを支えられるか

中敷きは足のアーチを支えられるかどうかをかチェック。立体形状で足裏の形に沿ったものが好ましく、土踏まずのサポートがあれば、よりフィット感が増して歩きやすくなります。

その結果、疲れにくい優秀な靴はこちらでした。

メンズ足にしっかりフィットして軽やか!
長時間でも歩けます

ロックポート(ROCKPORT):ドレスポーツ2 ライト プレーントゥ:靴

ロックポート(ROCKPORT)
ドレスポーツ2
ライト プレーントゥ
実勢価格:1万3873円

重さ:500g


▼テスト結果
 重さ    :◎
 フィット感 :◎
 中敷き   :◎
 アウトソール:◯
 つくり   :◎
 使用感   :◎


老舗の革靴メーカー「ロックポート」のベストセラーモデル、ロックポート ドレスポーツ2 ライト プレーントゥ。500gという圧倒的な軽さに加えて、フィット感、中敷き、つくり、使用感もいいです。軽く柔らかいアウトソールも申し分なく、足の疲れの原因となる違和感を感じません。

重さ

両足合わせて約500gと、一般的な革靴の約半分の軽さです。

フィット感

柔らかな牛革を使用したアッパーソールは絶妙なフィット感。足全体を適度にホールドします。屈曲性も高く、動きに合わせてよく曲がります。靴底の溝も歩行時の足の曲がりに合わせて計算された緻密なつくりです。

中敷き

しっかりしたクッションで作られている中敷きは、足裏のアーチに沿った立体構造でフィット感◎。

独自の立体的な中敷きが、土踏まずなど足裏のアーチにしっかり密着。靴全体のフィット感を高めて疲労感を軽減してくれます。

アウトソール

足の裏全体に入った横向きのスリットが曲がりやすさに一役買っていて、動きへの追従性も高いです。滑り止め加工はありません。

つくり

負担がかかりやすい履き口部分のクッションが頑丈に縫製されており、足首をしっかりとホールドします。

使用感

足全体を適度に締め付けるので歩行時に靴の中で足がずれたり暴れたりしにくく、ハードな動きにもしなやかについてきます。いい意味で革靴感がなく、スニーカーのように走り回れる快適な一足です。

ぜひ試し履きをして、あなたの足にフィットする一足を見つけてください。

以上、疲れにくい軽量なビジネスシューズのご紹介でした! 気になる方はぜひチェックしてみてください。新年度は便利なグッズを使って、仕事の効率を爆上げしちゃいましょう!