メンズ食べこぼし汚れには
断然、携帯用トップ!

あ! っと思った時には既に手遅れ。食事中の食べこぼしってホントに厄介ですよね。そこで、シミ汚れ専用の洗剤をテストしました。探してみると、結構いろいろあるんですね。

結果から言ってしまうと、最もシミ汚れに効果があったのは「トップ シミ取りレスキュー」でした。

特に食べこぼしを想定した3つの汚れ(ミートソース、醤油、コーヒー)のシミ取り検証では、遠目には全くわからないほどシミを除去できました。使い方も簡単で、付属する使い捨てのシートを衣類の下に敷き、本体で軽く叩くだけです。

手のひらサイズなので、ぜひカバンの中に1本入れておくことをおすすめします。

ご覧のとおり、トップはミートソース・醤油・コーヒーとよくこぼしてしまいがちな3つの汚れにはほぼ完璧に対応。それぞれ若干のにじみなどはあったものの、出先でこれだけ落とせれば万々歳でしょう。

毎日とはいいませんが、せめて白系のシャツで食事に行くときだけでも携帯してはいかがでしょうか。「あってよかった~」と思うこと請け合いです。

なお、油性のペン汚れは落ちませんでした。ただし、ペン汚れについては、今回どのシミ取り洗剤でもきれいに落とせなかったので、携帯用シミ取りとしては、やはりトップ1択だと思われます。

ちなみに、ハイアールのCOTON (実勢価格8000円)を使うと、油性のペン汚れもかなり落ちました。この結果については、後日お伝えします。

シミ取り:ライオン:トップ:シミ取りレスキュー

ライオン トップ シミ取りレスキュー 購入価格307円

メンズ海外製専用シミ取りは微妙
使い勝手の悪さも気になりました

シミ取りを謳う商品は海外製も多数あります。今回、◯◯汚れ専用という商品をいくつかテストしましたが、思うような効果を得ることができませんでした。また、直接洗剤に触れねばならない商品も多く、本体のまま軽く叩くことができるトップは、その使い勝手の良さでも高い評価を得ました

シミ取り:ドクターベックマン:ステインデビルズ:ボールペン:クレヨン

今回最も強敵だった油性ペンのシミは、専用の洗剤でも落ちませんでした。ドクターベックマン ステインデビルズ ボールペン・クレヨン用 購入価格540円

シミ取り:ドクターベックマン:ステインデビルズ:トマトソース:カレー:醤油

特定のシミ汚れ専用の洗剤ですが、ミートソースは思ったほどは落ちず。醤油もほとんど落ちませんでした。ドクターベックマン ステインデビルズ トマトソース・カレー・醤油用 購入価格540円

シミ取り:ドクターベックマン:トラベルウォッシュ

旅行用の万能携帯洗剤。結局どの汚れも落とせず。ミートソースが若干薄くなった程度でした。ドクターベックマン トラベルウォッシュ 購入価格702円

オシャレ雑誌で紹介されていた洗剤が染み込んだウェットティッシュ。他の汚れには微妙でしたが、コーヒーには効きました。シャウト ウェットティッシュ 購入価格545円(12枚入)


360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。