スマートフォン令和最強のベスト家電66部門決定!!
「どこがスゴかったか」解説します

“ネットを疑う家電購入ガイド”として日夜家電をレビューし続ける『家電批評』誌上でも、思いがけない良品の発見や、今一歩な製品の発掘など、さまざまな出会いがありました。

そこで今回、2019年に家電批評誌が扱った製品の中から「絶対に素晴らしい!」と断言できるベスト家電ばかりを集めた「家電批評 オブ・ザ・イヤー」を選定いたしました。

▼【家電批評 オブ・ザ・イヤー】入り口はコチラ!

上の画像をクリックしても移動しない場合、こちらからどうぞ。

まさに“令和最強”の名がふさわしい、全66部門のベストバイたち。

ここでは、ベストに選ばれた一製品をピックアップし、どこが素晴らしかったのかを解説します。

▼ベスト家電を厳選したテスト誌はコチラ!

晋遊舎
『家電批評 2020年1月号』
700円

それでは早速ご覧ください!

<外部サイトでご覧の方へ>
the360.lifeの本サイトでは、アマゾンへのリンク付き記事を公開中です。ページ下の「オリジナルサイトで読む」よりどうぞ。

スマートフォン23ブランド中1位!
はっきり言って「神SIM」

UQコミュニケーションズ
UQモバイル
価格:月額料金1480円~

いまや一般的になりつつある格安SIMですが、どうしてもキャリアSIMに比べて回線速度やサービスが劣って使いにくいんじゃないかというイメージは抜けきれません。

そこで、雑誌『家電批評』が実際に調査した結果、見事23ブランドの中で2019年の1位となったのが「UQモバイル」です。

スマートフォン格安とは思えない回線安定性!
キャリアより高速な時間も

特徴的なのは何と言っても圧倒的な回線速度。24時間調査でもバツグンの速度を誇っているのは他のSIMとは違う大きな強みとなっています。

●最高速度:30.28Mb
●最低速度:13.93Mb
●平均速度:19.95Mb


折れ線グラフが4Mbpsのはるか上。これならHD画質の動画でも全く心配もありません。最低速度は13.93Mbpsと動画再生時もWebページ読み込み時もこの4Mbpsを下回ることはありませんでした。

スマートフォンキャリア並みのサービスで
豊富な対応の神サポート

UQにはもうひとつの強みとして、サポートなどのサービスがあります。問い合わせ先が多く、電話や有人チャットでスムーズな解決をサポートしてくれます。

メールや電話で相談もできますが、チャットなら待たずにオペレーターに相談が可能。格安SIMに不安な要素があるなら、ドンドン聞いてみることをオススメします。

また、高セキュリティのWi-Fiスポット「ギガぞう」も月額350円から使用できます。これを組み合わせることで、パケットの節約がしやすいのが特徴です。

1月15日から「ギガぞう」(スマホ専用プラン for UQ mobile)が登場。月額料金が150円とさらに利用しやすくなりました。

全国のWi-Fiが使えたり、水没による端末保証、口座振替に対応するなどサービスがキャリア並。キャリアSIMから移行しても質は落としたくない人に最適なサービスです。

以上、「家電批評オブ・ザ・イヤー」に選ばれた「UQモバイル」の紹介でした。

引き続き、ベストだった製品をご紹介していきますので、サンロクマルをチェックしてくださいね。