スマートフォン毎日音楽サブスクを使うなら
今すぐ導入すべき1枚!

スマートフォンで音楽を聞くことが一般的になってきた昨今では、スマートフォンの進化に伴い、 「音楽配信サービス」も急増しました。
AWA、Spotify、LINE MUSIC…と、音楽のジャンルやアーティストによって、サービスを使い分けている人も多いのでは?

でも、通勤通学などの移動中などに、音楽サービスを使っていて、月末になる前に「ギガが足りない!」なんて経験をしたことある人は、OCNモバイルONEを是非チェックしてください。

MUSICカウントフリー」というオプションに加入すれば、9つの音楽配信サービスが、なんと通信料を気にせず楽しめちゃうんです。9つの音楽サービスに対応しているのは、現時点ではOCNモバイルONEだけなんです。

では、さっそくOCNモバイルの特徴を詳しく見ていきましょう!

スマートフォン全体のバランス良好
欠点の少ない格安SIM

NTTコミュニケーションズ
OCNモバイルONE
本体SIM実勢価格:1480円
(3GB/音声通話SIM)


※以降、価格はすべて税抜きです。

▼採点結果

  • 順位: 5/23
  • 速度: 39/55
  • データ: 12/27
  • サービス: 26/35
  • 販売: 7/23
  • 通話: 7/15
  • 合計: 91/155

他社の格安SIMサービスと比較すると通信速度はいい点数が出ています。ただし使用できる容量に対して月額料金がやや高めに設定されています。大手携帯キャリアと比べると安いですが、少し伸び悩む結果となりました。

【特徴① サービス】
毎日聴き続けてもギガが減らない!
9サービスがカウントフリーに対応

音楽サブスクサービスでは、1曲当たり約3MB程度の通信量を消費しています。通勤通学時などに毎日1時間、音楽を聴いているとすると、1日に約60MB1カ月では約1.8GBも音楽再生に通信量が消費されているんです。

そんな音楽好きにピッタリな、OCNモバイルONEの最大の強みがコレ! 対象となる音楽配信サービスであれば通信量を気にせず楽しめることができる「MUSICカウントフリー」というサービスを提供しています。しかも、無料で利用できるので気軽に利用できるスグレモノです。

●対象サービス一覧
Amazon Music
ANiUTa
AWA
dヒッツ
Google Play Music
LINE MUSIC
RecMusic
Spotify
ひかりTVミュージック

普段からストリーミングで音楽を聴く人は、基本通信容量を抑えられるのでぴったりのサービスです。追加料金も設定も不要! 唯一、申し込みは必要なので、契約したらまず「MUSICカウントフリー」に申し込むのが良いでしょう。

ちなみに、メジャーなストリーミングサービスはほとんど網羅しているので、SIMに合わせてサービスを変える必要がないのも嬉しいポイントです。

【特徴② 通信速度】
平均速度は13Mbpsと速いが
時間帯によってはつながりにくい

▼通信速度

  • 時間帯: 0時台: 1時台: 2時台: 3時台: 4時台: 5時台: 6時台: 7時台: 8時台: 9時台: 10時台: 11時台: 12時台: 13時台: 14時台: 15時台: 16時台: 17時台: 18時台: 19時台: 20時台: 21時台: 22時台: 23時台
  • 通信速度: 13.73Mbps: 16.8Mbps: 22.08Mbps: 33.43Mbps: 20.05Mbps: 16.53Mbps: 18.75Mbps: 21.23Mbps: 16.5Mbps: 16.35Mbps: 13.5Mbps: 12Mbps: 3.05Mbps: 5.7Mbps: 4.95Mbps: 3.78Mbps: 3.18Mbps: 2.85Mbps: 4.25Mbps: 10.45Mbps: 16.35Mbps: 16.43Mbps: 13.3Mbps: 11.93Mbps

4Mbps以上だった時間帯は20回で、平均速度は13.21Mbps最高速度は33.43Mbps最低速度は2.85Mbpsとなっています。

通信速度に関しては、可もなく不可もなくと言ったところで、特に午後から夕方にかけてつながりにくい時間帯が発生しています。

19時以降には通信速度が戻り快適な環境になります。平均速度は13.21Mbpsと優秀と言える速度ですが、夜中12時から朝6時までのスマートフォンを使用しない時間帯を抜くと、平均10.8Mbpsまで下がってしまいます。

ただし、それでも音楽を聴く上で支障がある速度ではないでしょう。

【特徴③ 料金】
1GBから30GBまで
選びやすいラインナップ

▼プラン表

  • 月額基本料: 音声対応SIM: SMS対応SIM: データ通信専用SIM
  • 1GB: 1180円: -: -
  • 1GB(OCN光モバイル割適用): 980円: -: -
  • 3GB: 1480円: 1000円: 880円
  • 3GB(OCN光モバイル割適用): 1280円: 800円: 680円
  • 6GB: 1980円: 1500円: 1380円
  • 6GB(OCN光モバイル割適用): 1780円: 1300円: 1180円
  • 10GB: 2880円: 2400円: 2280円
  • 10GB(OCN光モバイル割適用): 2680円: 2200円: 2080円
  • 20GB: 4400円: 3920円: 3800円
  • 20GB(OCN光モバイル割適用): 4200円: 3720円: 3600円
  • 30GB: 5980円: 5500円: 5380円
  • 30GB(OCN光モバイル割適用): 5780円: 5300円: 5180円

音声対応SIMカードのプラン1GBから選択できます。MAXで30GBまで選択可能で大容量でも安心なんです。さらにOCN光モバイルを利用していれば、200円の割り引きが適応されます。


通話オプションプラン
通話オプションではお得な通話オプションが選択できます。

10分かけ放題(850円/月)
10分以内の国内通話であれば、何度掛けても無料。それ以上の長電話をしなければ850円に抑えられます。

トップ3かけ放題(850円/月)
通話時間上位3番号が無料になる、特徴的なプランです。

かけ放題ダブル(1300円/月)
10分かけ放題とトップ3かけ放題が合わさったプランです。

OCN光モバイル割
OCN光の接続プランとOCNモバイルONEを同一のご住所でご契約するご家族の場合に、OCNモバイルONEの月額基本料を1契約あたり200円/月減額するサービスです。


「その他オプション料金」
●通信量・SMS送信料
・30秒/20円
OCN電話アプリからの通話料
・30秒/10円

050 plus
・月額基本料 150円/月(050 plusセット割りの場合)
・通話料(固定電話へ) 3分/8円
・通輪料(携帯電話へ)1分/16円

手数料
・SIM変更手数料 3000円/月(音声対応SIMカードの場合)
※SMS対応SIMカード・データ通信SIMカードのSIM変更手数料は1800円/月
・SIMカード手配料 394円/月
・MNP転出料 3000円

容量シェア月額料金
・音声対応SIMカード 1000円/枚(容量シェアSIM料金400円+SIMカード利用料600円)
・SMSM対応SIMカード 520円/枚(容量シェアSIM料金400円+SIMカード利用料120円)
・データ通信専用SIMカード 400円/枚(容量シェアSIM料金400円+SIMカード利用料0円)

【特徴④ 取り扱い端末】
中古のスマホも選べる!
取り扱いの幅が広い品揃え

取り扱いしている端末のバリエーションも豊富で、最適な機種が見つけやすいのが特徴です。

珍しいサービスとしては中古の端末も取り扱っている点。gooを通して購入することで、例えばiPhone 8であれば、アップルストアで購入するよりも、1万円程度安く購入することができます。本体価格を抑えたい人には選択肢がさらに増えています。

もちろん、既の持っているスマホやSIMフリー端末を持ち込んでもOKです。

■加入することで安心!
端末保証オプション

OCNモバイルONEは端末保証オプションも充実しています。

自然故障
破損
落下
水濡れ

スマートフォンを落として画面が破損してしまったときにも安心です。

端末の購入先によって申し込みできる保証が変わるので注意して下さい。
※端末セットで購入した場合は「グーの端末保証:430円/月」が適用できます。

■公衆無線Wi-Fiが
無料で使える!

全国約8万7000箇所にあるWi-Fiを無料で使用でき、Wi-Fiスポットエリアに入ると自動で接続してくれます。またセキュリティーも高く外出先でもデータ利用量を気にせず各種サービスを楽しめます。

●設置箇所

JR主要駅
空港
カフェ(スターバックス、タリーズ)
ファストフード(ロッテリア、モスバーガー)
コンビニ(セブンイレブン、ローソン)
ホテル
商業施設

様々な場所に設置しています。

■専用アプリで簡単!
通信速度の変更が可能

格安SIMでは「通信速度変更」アプリをリリースしている事がありますが、OCNモバイルONEにもこのアプリが存在します。

OCNモバイルONEアプリは高速通信と低速通信をワンタッチで切り替えられる機能を搭載しています。データを切り替えながら使用することにより、無駄なデータ通信量を抑えられ通信容量の節約にはもってこいです。

容量追加オプションの利用もコース変更もアプリで行えます。

※ちなみに音楽ストリーミングなどは低速時でも影響なく視聴することができます。ただし、新コースで高速通信容量の半分以上の低速通信を行った場合、低速通信に速度制限がかかるので注意です。

OCNモバイルONEを解約するには…

投稿日

解約はネットでの手続きが基本となります。マイページから24時間いつでも解約手続きが可能ですが、入力箇所が多いため少々時間がかかるのが欠点です。MNP予約番号を発行するのもマイページから行います。

また、2019年11月20日から始まった新しい月コースに最低利用期間はありませんが、それ旧プランだと音声SIMプランでは6ヵ月間の縛りがあり、それ以内の解約であれば違約金に1000円かかるので注意が必要です。解約の場合は利用開始月を確認しましょう。

店舗でできること

新規契約SIMカードの即日受け渡し
他社からのお乗り換え(MNP)
各種スマートフォン端末などを確認
容量シェアの申し込み

即日受け渡しカウンターならば契約後すぐに通信開始可能。サポートなどに関しても聞くことができます。

松田健人
the360.life編集部
松田健人 のコメント

音楽配信サービスを利用する際の通信量が一切かからない「MUSICカウントフリー」は、9つのサービスに対応している点が唯一無二のポイント。
格安SIM利用者にとっては料金は特別安価な訳ではありませんが、例えば3GBのデータSIM(880円/月)をサブSIMとして契約するなど活用方法は色々とありそうです。