ホーム年末大掃除の最強グッズ&テク
しっかり厳選して集めました!

「ハァ……」

年の瀬になると、私たちをユウウツにさせるのが大掃除の存在…。

ベトベトになった換気扇、スミに溜まったホコリ、窓をおおうドロ汚れ……。考えただけで億劫になりますよね。

そこで今回は、2019年に読者のみなさんにお届けしたお掃除記事の中から“反響の大きかった記事”を厳選。年末大掃除のコアシーズンを狙って、大放出しちゃいます!

これを読んで面倒な大掃除を時短・効率化し、最高の気持ちで新年を迎える準備をしちゃいましょう!

ホームニオイの原因になる隠れた汚れには
マイペットでの磨きあげが効果的!

トイレのお掃除って、便器の蓋や便座、中身を掃除しただけで終わらせてしまいがちですよね。でも、トイレの汚れって、床から天井まであちこちに飛び散っているんです。掃除をしたのにニオうのは、じつはコレが原因。とくに温水洗浄便座の裏なんて外してみたら、お見せできないほどすさまじい汚れ、びっしりと付いていました…!

あくまでも”リアル”を追求するLDK編集部ですが、あまりに汚いので、写真の一部はモザイク処理済み。こんな恐ろしい汚れには、家中のお掃除に使える「かんたんマイペット」が効果抜群なんです!

花王
かんたんマイペット
実勢価格:240円

※Amazonリンクは本体+詰替え用2個のセットです。

「かんたんマイペット」は、気になるところにシュッと吹くだけで汚れを落としてくれます。除菌効果も期待できるマイペットは、トイレの他に、壁や床など家中のいろいろなところで大活躍するんです。ほのかな新緑の香りも、さわやかで素敵です。

ホーム掃除の前にまずは温水洗浄便座を
取り外してみましょう!

便座カバーを外すときは、必ず電源を落として、止水栓を閉めましょう。脇にボタンがついているタイプであれば、ボタンを押しながら便座を引くと外せます。製品によっては取り外しできないタイプもあるので、説明書をよく確認してから実行してください。

ホームいざ掃除スタート!
界面活性剤が汚れに効果大なんです

マイペットに含まれている界面活性剤は、汚れを分解してくれる効果があります。マイペットをつけた雑巾でトイレの汚れを拭くことで、界面活性剤が汚れになじみ、その汚れが雑巾に移るという仕組みでキレイになるんです。

では、実際にどのように掃除していくのか、その手順をご紹介します!

1.雑巾にマイペットを吹きかける

まず、雑巾にマイペットを吹きかけて、よくなじませます。

花王
かんたんマイペット
実勢価格:240円

※Amazonリンクは本体+詰替え用2個のセットです。

洗浄機付き便座カバーは、家電製品です。マイペットを直接吹きかけると、故障の原因になりかねないので注意しましょう。

2.便座との結合部分を拭く

便座カバーを外したら、まず便器側の汚れている部分を掃除します。マイペットをつけた雑巾で、汚れている部分を念入りに拭きあげていきましょう。汚れがたまりやすいミゾの部分も、しっかり拭いていきます。

3.ガンコな汚れは歯ブラシで磨く

汚れがびっしり付着している便座カバーの裏も、雑巾でしっかり磨きます。ガンコな汚れは、歯ブラシを使ってしっかり汚れを落としていきましょう。

歯ブラシで便座カバーの裏を掃除するときは、やさしく磨くのがポイントです。

ホーム自主規制レベルの汚れが
スッキリきれいになりました!

実際にお掃除をしてどれくらいキレイになったのか、掃除前と後で比べてみました。

洗浄前

自主規制レベルの、おぞましい汚れが付着した便座カバーの裏が……。

洗浄後

こんなにもスッキリきれいになりました!

ホームその他のニオイの元も徹底掃除!
トイレフィルターの掃除にも挑戦

便座カバー裏の他に、トイレの脱臭フィルターもニオイの原因になることがあります。そもそも、温水洗浄トイレにフィルターがあることなんて知っていましたか? この脱臭フィルターは、温水洗浄便座の脇や、洗浄ノズルのミゾについていることが多いです。

温水洗浄便座の脇や、洗浄ノズルのミゾなどから脱臭フィルターを引っぱり、取り出します。

大まかな汚れを取り除き、マイペットを脱臭フィルターに直接吹きかけます。しっかり吹きかけることで、汚れがゆるんできますよ。汚れがゆるんだら、歯ブラシでこすり落とせばOK!

キレイにしたのになんかニオう原因は、あちこちに飛び散った汚れでした。見えない所だからこそ、しっかり掃除するのが大事なんです。トイレの清潔さをキープするために、とくに汚れがちな温水洗浄便座の裏側、今回ご紹介した方法でしっかりお手入れしてみてくださいね。