ホーム年末大掃除の最強グッズ&テク
しっかり厳選して集めました!

「ハァ……」年の瀬になると、私たちをユウウツにさせるのが大掃除の存在…。

大きな家具に隠れたホコリからベトベトになった換気扇、スミに溜まったホコリ、窓をおおうドロ汚れ……。考えただけで億劫になりますよね。

そこで今回は、過去にサンロクマルが読者のみなさんにお届けしたお掃除のグッズやテクニックに関する記事の中から、反響の大きかった記事を厳選。年末大掃除を前に、大放出しちゃいます!

これを読んで面倒な大掃除を時短・効率化し、最高の気持ちで新年を迎える準備をしちゃいましょう!

それでは早速参りましょう。

家電お手入れしないと吸引力が下がる!
掃除機はパーツごとにキレイにしましょう

家中ピカピカにする派の方でも、案外見落としがちなのが、掃除機そのものの掃除です。

ビジュアルはもちろん、そのままにしておくと、当然吸引力が下がってしまいます。であれば、掃除機本体もしっかりキレイにするべき……なのですが、これが案外メンドウなもの。

ですが、ちょっとしたアイテムを使うことで、じつにスッキリ快適にできちゃうんです!

今回ご紹介するのは、以下の3つのパーツの対処方です。

①髪の毛が絡みまくったヘッド…
②ホコリがパンパンなフィルター
③見落としがちなゴムパッキン


この手強い3つの部分を、あれよあれよとスッキリさせてしまう、その方法がこちらです!

家電【①ヘッド】裁縫道具があれば
超ラクラクでスッキリ!

ゴミを吸う役割を担っているヘッド。吸い込もうとしたホコリや髪の毛にヘッドが絡むと、知らないうちに吸引力が下がっていきます。

キツくからまって、ほどこうとしてもなかなか歯が立ちませんが、じつは裁縫道具のリッパーを使うことで、じつにカンタンに対処できるようになるんです。

「リッパーなんて、ウチにはない」という方でも、ご安心ください。Amazonで300円くらいで買えますので。

KIYOHARA
サンコッコー リッパー L SUN60-38

実勢価格:330円(あわせ書い対象商品です)

それでは、お手入れの方法を手順を追ってご紹介しましょう。

まず、ローラーがきちんと回るよう、軸に絡んだ髪の毛やホコリをリッパーでザクザク切っていきます。

ホコリを切りながらゴミを取るのがコツです。

次に、ヘッドが分解できるものはコインなどでネジをゆるめ、ローラーの軸のフタを外します。

フタを外したら、サイドに詰まっているホコリや髪の毛を取り除きます。

ローラーがきちんと回るよう、軸に絡んだ髪の毛やホコリをリッパーでザクザク切っていきます。

すると、どうでしょう。こんなにゴミが取れました!

実際に、掃除する前と後のヘッドを比べてみると……、

BEFORE
AFTER

キレイさは一目瞭然! 掃除前は毛やホコリが絡まって全然前に進みませんでしたが、ローラーがちゃんと機能してスイスイ進むようになりました。

ローラーにホコリや毛が絡んでいたことで吸い残しが生じていましたが、解消したことによって広範囲のゴミを吸えるようになりました。

ヘッドがキレイになったところで、次はフィルターをお手入れしてみましょう。

家電【②フィルター】サッシブラシが
めちゃめちゃ頼れます

掃除機のフィルターのお手入れには、サッシブラシを使います。コレで一気にホコリをはがしていきます。

サッシブラシも、Amazonなどで探せばスグ見つかります。もちろん、ご自宅にあるものでも問題ありません。

アズマ工業
ニューサッシブラシ AG701

実勢価格:308円(あわせ書い対象商品です)

こちらがお手入れ前のフィルター。フィルターにゴミがたまると、空気が通らないことから吸引力が弱くなってしまいます。まさに、ホコリや髪の毛がたくさん詰まっている状態です。

BEFORE

さあ、ホコリがビッシリ詰まったフィルターを早速キレイにしていきましょう!

まずは、掃除機を逆さまに。パックから漏れたゴミが掃除機内に溜まっているので、逆さまにしてゴミを出し切ります。

ここでサッシブラシの登場! フィルターについているホコリやチリをサッシブラシで勢いよく掃きます。

すると……、ブラシがホコリをごそっと落としてくれて、こんなにキレイに!

AFTER

お手入れ後は、ホコリや髪の毛が詰まっていたフィルターがキレイになって、空気がよく通るようになりました。

それでは最後に、見落としがちなゴムパッキンをキレイにします。

家電【③ゴムパッキン】最強コンビ!
激落ちくんとマイペット

ゴムパッキンの掃除には、この2つのお掃除アイテムがあると、とってもはかどります。

レック
激落ちキング ファイン

実勢価格:267円

花王
かんたん マイペット ハンディスプレー 400ml

実勢価格:217円(リンク先は「Amazonパントリー」です)

それでは、激落ちくんとマイペットを使って、ゴムパッキンのお手入れに取り掛かりましょう。

最初に、激落ちくんを500円玉くらいのサイズに小さくちぎり、マイペットをワンプッシュ吹きかけます。

あとは、この激落ちくんで茶色く汚れたパッキンの上をなぞるだけでOK。みるみる汚れが取れていきます。二度拭きは不要です。

どれくらいキレイになったか、掃除前と後で比べてみると……、

BEFORE
AFTER

茶色くてベトベトだったゴムパッキンが、あっという間に白くなりました。汚れがなくなっているのがひと目でわかります。

掃除機のヘッド、フィルター、ゴムパッキンと、パーツごとにお手入れしましたが、肝心の吸引力に違いが出たかどうかが気になります。ということで、小麦粉を床にまいてお手入れ前と後で吸引力を比較してみました。

BEFORE
AFTER

お手入れ前は吸い残しがポロポロとできていましたが、3つのパーツをお手入れした後は、フローリングの溝のゴミまでスッキリ吸いきりました。

掃除機をお手入れすると、吸引力がこんなにも変わるんです。

大掃除では、最高の吸引力でおうち中をピカピカにして、毎日気持ちよく過ごしてみてはいかがでしょうか?